炭水化物の性質と付き合い方

糖質ってずっと嫌われ者ですよね…子どもの頃は「お菓子を食べ過ぎると虫歯になるよ!」なんて叱られたものです。最近では「糖質オフ」とか「糖質カット」なんて言葉がパッケージを飾っています。糖質を制限したらこんなに痩せたなんて、グルグル回りながらアピールする人まで出てきて、すっかり悪者。
誰にだって好き嫌いはありますから、嫌いなら仕方ないですけれど…本当に嫌いなんですか?とお聞ききしたいです。本当は大好きだからつい摂り過ぎていて、だからこそ悪者扱いして遠ざけているだけで、本当はすごく我慢しているのではないでしょうか。
好きか嫌いか決めるのは、もう少しよく知ってからでも遅くないはずです。きちんと理解してから考えてみませんか?

血糖値は下げた方が良いのはなぜ?上がった場合のリスク

血糖値が上がると健康に支障をきたすのはもちろん、病気になるリスクも上がります。
血糖値が上がらないようにするためには、そのシステムや知識をきちんと知っておかなければなりません。
現在血糖値が下がらなくて悩んでいる人は、原因をきちんと把握していないのかもしれません。
健康を維持するためにも、高血糖のメカニズムや予防法をしっかり覚えておきましょう。

 

血糖値はブドウ糖の濃度が濃くなることで起こります

 

血糖値という言葉を耳にしたことがある人は多いと思いますが、どんなものなのか知っている人は少ないでしょう。
血糖値とは、血液にあるブドウ糖がどれだけ濃いかを数値として表したもののことです。
ブドウ糖は炭水化物で作られていますが、これを沢山摂るとブドウ糖が濃くなる現象が起こります。
これが最も多くの人に知られている、血糖値上昇のメカニズムです。
炭水化物の他に、糖分でも血糖値が上昇すると言われています。
食べ物以外でも、ピルやステロイドには血糖値の上がる作用が含まれています。
これらを服用する際には、医療機関に相談してから服用するようにしましょう。
健康な人も、体調を崩した時は血糖値が上がりやすい状態になっています。
疲労がたまっていたり、睡眠時間が足らない人は注意しましょう。
お酒が好きな人は、飲まない人に比べて格段に血糖値上昇のリスクが高くなります。
更にタバコを吸っている場合、健康への悪影響は量り知れません。
定期的に健康診断を受けるなどして、血糖値のケアにも気を配りましょう。

 

高血糖が続くと糖尿病や脳梗塞になる可能性が高くなります

 

血糖値を上げたままにしておくと、体の中でどんな変化が起こるのでしょうか。
先ほど、体内のブドウ糖の濃度が濃くなることによって血糖値は上昇するとお伝えしました。
では、この増えすぎたブドウ糖はどうなるのでしょうか?
体内に留めておく訳にはいかないので、別の方法で処理しなければいけません。
この時体内では緊急用の経路が一つ用意され、ある物質を生み出します。
これがソルビトールと呼ばれるもので、殖えすぎると細胞を傷つけてしまうとても有害な成分です。
ソルビトールは体内に常駐していますが、普段は果糖とくっつく為害になることはありません。
しかし果糖の数以上のソルビトールが発生すると、細胞を傷つけるというやっかいな性質を持っています。
血糖値が上がり続けるとブドウ糖が増え、ソルビトールが増殖して体調にも影響をきたすという訳です。
これを放っておくと動脈硬化や糖尿病、脳梗塞や心筋梗塞などといった病気にかかってしまうかもしれません。
少しでも体に異変を感じたら、お医者さんで数値をきちんと測定してもらうなど早めの対処をしましょう。

 

異常に喉が渇いたり尿の量や回数に変化が見られたら要注意

 

血糖値が上がりすぎると、体内の変化は体外にも現れ始めます。
とはいえ、初期の段階で発見することは難しく、見つかった時には手遅れだったなんていうケースも珍しくありません。
健康診断を定期的に受けて血糖値を測るのが、早期発見への近道でしょう。
もし長いこと健康診断を受けてない状態で、喉の渇く頻度が多い人は要注意です。
高血糖が続くと自分でもおかしいと感じてしまうくらいに、水分を欲しがるようになります。
運動や激しい動きをしてないにも関わらず3L以上の水を飲んでいる場合は、糖尿病になっているかもしれません。
血液を作るためには大量の水分が必要ですが、高血糖の場合その水分が足りません。
血液の濃度が高くなると、ブドウ糖が水分を吸収してしまうからです。
水分が足りない状態の血液は、水を飲むよう体に命令するため大量の水分を摂取することになります。
水を飲む量が多くなれば、必然的に尿の量や回数も多くなります。
それだけではなく、糖尿病になると尿に糖が混入されるようにもなります。
尿にまで糖が混じった状態になってくると、血液内の水分が腎臓に奪われ、尿の量と回数を多くしとても危険です。
特に変わったこともしていないのにこのような症状が現れたら、糖尿病の恐れがあります。
放っておくと失明したり下半身が壊死したりする可能性がありますから、病院できちんとした検査を受けましょう。

 

まとめ

 

血糖値を上げたままにしておくと、体に影響が出るのはもちろん糖尿病などの恐ろしい病気にかかるリスクが上がります。
もし仮に病気にはならなかったとしても、血液がドロドロした状態が続くのはとても危険です。
脳溢血や脳梗塞といった血液の病気は、ほとんどが何の前触れもなく起こります。
心筋梗塞などの病気も、ほぼ自覚症状はないと言っていいでしょう。
そうならない為にも、人間ドックに行って血糖値を定期的に測っておく必要があります。
血糖値を下げるということは、病気を予防するだけでなく長生きにもつながるのです。
上記の症状に心当たりがある人は、済みやかにお医者さんへ行きましょう。

食べる順番を変えるだけでも効果あり?血糖値を下げる食べ方とは

血糖値を下げるなら、食べる順番を変えるだけでも効果は期待できます。
これは、関西電力医学研究所の実験によって実証されました。
現在は糖尿病の治療法としても確立していて、色んな病院で実践されています。
食べる順番療法の正しい知識を知って、効率良く血糖値を下げましょう。
今から、詳しいやり方と注意点などをふまえてお伝えしたいと思います。

 

・基本はお米を一番最後に食べる

 

食事の順番を変えるとは、具体的にどうすればいいのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、お米を一番最初に食べないということになります。
高血糖になって一番怖いとされるリスクは、合併症です。
糖分を多く摂取し続けていると、血液もドロドロになっていきます。
血の巡りが悪くなると血栓ができ、脳溢血や心筋梗塞といった病気を併発するかもしれません。
これらを抑えるのには食事制限が効果的ですが、同時に食べる順番を変えることで更なる効果が期待できるというわけです。
効果的なのは、一番最初に野菜を食べること。
お米の前に野菜を食べると、食物繊維が糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。
その後魚や肉を食べ、最後にお米を食べるのが最も血糖値の上昇を抑える食べ方だと言われています。
どの食べ物も、ゆっくり噛んでから飲み込むようにするのがポイントです。
果物などのデザートは、お米を食べた後にすると糖の吸収を抑えられるでしょう。
ただしヨーグルトは血糖値を下げる効果があるため、一番初めに食べるのが効果的だと言われています。

 

糖質の多い食材は主食とのバランスを考えながら最後に摂る

 

食べる順番療法は野菜を一番最初に食べるのが基本ですが、例外も存在します。
味噌汁やお吸い物は水分が含まれているので、野菜の前に飲むと良いでしょう。
しかしヴィシソワーズやポタージュなどといった、野菜から作られるスープは別です。
ジャガイモやトウモロコシには糖分が沢山入っているため、一番最初に飲むのはおすすめできません。
この場合は最初に野菜を食べてから肉や魚を摂り、最後にスープを飲むようにしましょう。
スープを多めに飲みたいなら、パンやお米を少なめにするなどの工夫も大切です。
お米と穀物のスープを一緒に摂ると、糖質過多になってしまいます。
パンも同様で、一緒に食べたい場合はふすまパンなど糖質が少ない物を選びましょう。
おかずも、芋類などをメインにした食事を摂る時は要注意です。
肉じゃがなどジャガイモを多く使っているおかずは、肉を先に食べてください。
イモ類は糖質が多く含まれているため、ご飯と同じタイミングで食べます。
この場合もスープと同じく、お米とのバランスを考えてください。
イモ類を少なめにして、他のおかずを多くすると糖質の摂りすぎを防げます。

 

お酒を一緒に飲む時は少量で抑える

 

順番を変えて食事をする時、一緒にお酒を飲む人もいるでしょう。
少量の飲酒は、糖尿病の予防に役立つというデータがあります。
そのため、日本酒を2~3杯飲む程度なら問題ないと考えてもいいでしょう。
しかし飲みすぎると、たちまち危険なものに変わってしまうので注意してください。
お酒には糖が沢山入っているものもあり、血糖値を上げる原因にもなりかねません。
また、お酒と一緒に食べることでついつい食べ過ぎてしまうということも考えられます。
お酒は高血糖のリスクを上げるだけでなく、他の病気の確立も高めてしまいます。
糖尿病を始め、動脈の流れが悪くなる動脈硬化や、肝臓が硬くなる肝硬変になるかもしれません。
お酒と一緒に食事をする時は、くれぐれも飲みすぎないようにしましょう。

 

まとめ

 

食べる順番を変えると、血糖値を下げる以外にも様々な効果が期待できます。
脂肪の吸収も防げるため、近年ではダイエットの方法としても人気です。
最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れれば自然とできるようになるでしょう。
3日坊主にならないよう、意識することが長く続けられるコツです。
上記の記事を参考にしながら、是非次の食事からでも始めてみてくださいね。

DHAやEPAによる血糖値を下げる効果はどれくらい期待できるの?

DHAやEPAは、血糖値を下げるのにあらゆる効果を持っています。
聞きなれない言葉かもしれませんが、血糖値を語るにはどちらも外せない言葉です。
この2つは成分の一種ですが、どんな効果を発揮してくれるのでしょうか。
DHAとEPAが含まれる食材や、効率的な摂取方法をご紹介しましょう。
現在血糖値が高くてお悩みなら、参考にしてみてください。

 

脳の血液にも働きかけられるのがDHA

 

高血糖になると血液中のブドウ糖濃度が上がり、血液がドロドロになってしまいます。
これを防ぐ役割を持ち、血液に直接働きかけるのがDHAです。
血の流れが悪い時、血管や赤血球の元となる細胞は硬くなっています。
DHAはこの細胞に接触し、化学反応を起こすことで硬くなった細胞を柔らかくします。
この成分は体内に入ると小腸で取り込まれて、肝臓を経由して血管内に入ります。
ここから脳まで送られるわけですが、脳の入り口には送られてきた成分を選別する門があります。
DHAは、この門をクリアできるとても貴重な栄養素です。
脳に送られたDHAは、再び脳の血流を良くする働きを始めます。
これにより、脳溢血や脳梗塞といった高血糖で併発しやすい病気を防ぐことができるのです。
DHAはEPAから生成されるため、基本的に不足することはないと言われている栄養素でもあります。
もし不足した場合、体内のEPAがDHAに変わることも。
血液をサラサラに保つのはもちろん、健康を維持するには欠かせない成分だと言えるでしょう。

 

血液の流れを良くして血栓を防ぐのがEPA

 

EPAもDHAと似た働きをしますが、より血液をスムーズにするのはEPAです。
血糖値の高い状態が続くと、血栓ができやすくなります。
この元となるのが血小板で、流れが悪い時これらは固まる習性をもっています。
固まった血小板はやがて大きな塊となって、血管壁に留まります。
この血小板に直接アクセスして、固まる前に散らせてしまう役目をもつのがEPAです。
DHAが脳溢血や脳梗塞などを予防できるのに対し、EPAは動脈硬化や心筋梗塞などを予防することができます。
EPAはDHAと違って、脳の関門を突破することができません。
また、EPAは体内で生成されないため、継続して外部から摂取する必要があります。
EPAが不足すると血栓が出来やすくなるため、高血糖を予防するには意識的に摂らなければいけない栄養素だと言えるでしょう。
DHAが注目されたのは1980年代後半ですが、EPAが注目されたのは1960年代です。
DHAに比べて歴史が長いのが、EPAの特徴でもあります。

 

・青魚にはたくさんのDHAとEPAが含まれている

 

それぞれの役割が分かったところで、どんな摂り方をすれば効率がいいのでしょうか。
1日に必要なDHAとEPAの量の目安は、大人で1gと言われています。
どれぐらいかというと、焼魚なら90gの魚を大き目の切り身にした量です。
刺身だと、マグロなら2~5切れ分、ハマチなら3~5切れ分になります。
この程度なら、1回の食事でじゅうぶんな量を摂ることができるでしょう。
DHAやEPAは、青魚に多く含まれています。
マグロやハマチはもちろん、いわしや鯖もこれらを多く含む魚です。
脂が乗った刺身は含有量が多く、少しの量でも沢山摂取することができます。
加熱して食べるなら、サンマやウナギがおすすめです。
特にサンマは、加熱した後でもEPAがアジの刺身よりも多く含まれています。
生で食べるのが苦手な場合は、こういった魚を調理して食べるとよいでしょう。

 

・まとめ

 

DHAとEPAは、血液の状態を良好に保つのに欠かせません。
特にEPAの場合、継続して意識的に摂っていく必要があります。
魚を食べるのが最も効率的な摂り方ですが、サプリという方法もあります。
自分に合った方法でEPAを摂取していくことが、低血糖への近道と言えそうです。
DHAとEPAを効果的に摂って、高血糖の予防法に活用してくださいね。